これからの説明書は電子物?

A5504Tで取扱説明書CD-ROM化がされているみたい。ケータイの説明書というと、購入時についてくるぶっとい本、半数以上の人が全く読まずにそのまま部屋のどこかで眠らせてしまういう代物。そんな物理的な説明書がA5504Tでは付属せずCD-ROM上の電子データの説明書のみとなるそうな。

これまでは、家電などの機械ものを買うと必ずと言っていいほどわかりやすいのかわかりにくいのかわからない分厚い説明書がついてきて、しかもたいていの人は読まずに、保証書とともに使いもしないのに大切に保管・・・てな感じだったと思います。でもあれ、製本するのに結構な費用がかかっているわけで、となると電子的に配るのみの方が当然メーカとしてはうれしい。

ユーザの側からも、どこに保存したかわからない説明書をあてにするよりも、欲しいときにいつでもネットで手に入る説明書の方が勝手がいいかもしれない。もちろん、わかりやすく書き直されたり間違いやアップデート箇所も反映された最新の説明書という形で。困るのは・・・パソコンを使ってない人たちということかな。一種のデジタルデバイドってやつですな。

電子ペーパみたいなものがネットにつながって、かつ説明書が手軽に取り寄せられるようになったなら、そんな心配もしなくてもいいかもしれない。けど、現状では、インターネットにつながってる端末って、ほんまもんのちゃんとしたコンピュータ以外ではケータイのみっていう現状なんですなぁ。テレビは見事にこけてました。(最近リベンジに燃えてるらしい、パナさんとかT芝さんとか) インターネットにつながる冷蔵庫とかサムスンが展示してたりしたらしいけど。バリバリのコンピュータ以外のものがうまくインターネットにつながる仕組みって、実はあまり成功してないみたいで。最近の試みはDVDレコーダとゲーム機あたり?

このブログ記事について

このページは、らるるが2004年4月21日 02:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッピータイム終了」です。

次のブログ記事は「Google社長にお会いできた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0