2009年2月アーカイブ

JavaScriptとLispのメモ

適当にLispについてのグチを書いただけなのに、いろいろ教えてもらえたので、せっかくなのでメモっておこう。

なぜかSchemeが入っているけど、気にしないことにしよう。ちなみに、まだ全く読んでないです(ぉ

Lispむずいぞ

Lispヤバイ、マジヤバイ。

空集合と、空集合という要素を持つ集合とは別物だ、とかいう高校あたり数学のような話が出てくる。それと同じ話なんだけど、たとえば3番目がnilという要素になってるlistと、そのlistの3番目がなしで4番目以降を詰めている(1個要素数の少ない)listは別物、という結論に達するのに3時間くらいかかった。式を書く以上は評価の結果を返さないといけなくて、たとえnilを返したとしても、それは「何も返していない」のとは違う状態だ。というより、Lispでは「何も返さない」状態が存在しない(はず)

他にも、式を評価するタイミングとか評価される順とかを考えないといけないんだけど、まだその段階に達していないので、それはまたの機会でいいや。

手続き型言語ではないから、ちゃんと理解しておかないとついていけないな。

ニコ動の過去ランキングがきたワァ

ニコ動に過去ランキング機能がつきました。今のところあるのは、デイリー限定。カテゴリ別やらコメやらはあるみたい。プレミアム会員以外は、動画指定してそれの最近の状況と、1年前のランキング以外は見れない。というわけで、渋ってたプレミアム登録をポチってしまった。

・・・まぁ、そんな個人的なことはどうでもよくって・・・

2007年4月2日からの分が見れるみたい。せっかくいろいろ調べてみたので、Twitter(ID:rarul)だけでなくこっちにも書いておこう。

というわけで、ニコチャの中の人よろしくお願いいたします(ぉ

----- 以下 2009.02.13 03:42 (JST) くらいに追記。

なんだかニコチャさんとこが、こんな弱小日記に反応しちゃってら。おかげで普段の3倍くらいのアクセス数。「詳しくないけど」とか書きながらさらに詳細書いてくれているんで、データ厨は要チェック。オレも今の仕事のヤマを追えたらちゃんとチェックするつもりなんだ(といいながら1年以上たってる気がする)

死ねばいいのに

大まかに以下のような関数がシグナルハンドラに登録されていた。

void sig_exit(int num, siginfo_t *info, void *hoge){
close_hoge1();
close_hoge2();
close_hoge3();
_exit(0);
}

死に間際にシグナルハンドラで往生際の悪いことをしてる影響でシステムがおかしくなってしまっていた。どうせ資源の後処理くらいしかしてないのなら、シグナル受けたら潔く死ねばいいのに。なんでたいしたことしてないのにシグナルハンドラを使いたがるんだろう。

ついでに、こんなコード書いたやつも死ねばいいのにもっと勉強してください。>安全なシグナル処理のために再入可能ファンクションを使う UNIX上でのC++ソフトウェア設計の定石 (2) signal-piping - SIGNALをpipe経由でハンドラからメインスレッドに渡す方法

ルカ発売直後の2ちゃんVOCALOID本スレの勢いが、リン・レン発売直後のそれと比べると緩やかだったので油断してたら、2月1日の日刊ランキングの新曲紹介が38曲で、2月2日の日刊ランキングの新曲紹介が46曲で、先週の週刊ランキングのランクイン曲数が171曲で、今ルカオリジナル曲でタグ検索すると249曲あった。いかも、週刊の最高ポイント更新とかいってるし。圧倒的じゃないか。

どのくらい圧倒的かというのを、rankingloid氏(日刊VOCALOIDランキングの中の人)グラフにしてくれていた。ボカロ史上もっとも盛り上がったと言われている2007年年末?2008年年始とほぼ同程度とのこと。つまり、世間的にはボカロブームはもう終わったと思われていたのに、その最高潮と同じくらいの盛り上がりを今見せているっぽいということのようだ。これだけ盛り上がるだなんて、予想を遙かに超えていたという人も多いんじゃないかと思う。

さて、これだけたくさん曲がアップされてると、とてもじゃないが聞く時間が取れないわけだが。

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13