携帯業界も再編時?

鷹山とDDIが提携したり、auがパケ割を値下げしたり、なにかと動きの激しい携帯業界です。でも、一時期に比べればだいぶ勝ち組・負け組が見えてきた感があります。

アステルなき今、PHSは実質DDIのみのような感じ。しかも業界から注目されるのはAirH"とAirH"PHONEだけ。@FreeDなるドコモのPHS使った定額通信は全くと言っていいほど注目されてませんな。

携帯も、3Gへの移行が2000 1xから順調に進んでいるauと、最近出足の順調なFOMA。定額サービスの争いも勃発しそうな今日この頃です。3G争いをやめ2Gでコストパフォーマンスに生きていくことを決めたツーカはまぁこれでよしとして、ハッピータイム実質値上げと暗い影のあるVodafoneは3Gへの移行スケジュールが不透明のまま。TV付きケータイで迷走決定?に感じられます。

つわけで、番号ポータビリティTD-CDMAが今の注目するサービスっとか思ってます。

このブログ記事について

このページは、らるるが2004年4月27日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DR202CのICMP設定」です。

次のブログ記事は「Pentium4の終わり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0