ローカルDNSサーバを立てるのがめんどいとき

たとえば、プライベートLAN内にWebサーバが立っていて、ルータのStatic NATを使って外部に公開しつつも、LAN内部にいる自分のPCからもこのサーバにアクセスしたいような場合です。外部向けにたとえば「www.rarul.com」なんていうホスト名をDNS登録していた場合、外からは「www.rarul.com」でアクセスできるようにするわけですが、LAN中から「www.rarul.com」とアクセスするとほとんどのルータでは正しくアクセスできません。

そんなとき、%windir%\system32\drivers\etc\hostsファイルを編集しましょう。デフォルトで「127.0.0.1 localhost」とか書いてあるので、これにならって改行はさんで「192.168.1.111 www.rarul.com」とか書いてやると、書いたマシンからはwww.rarul.comへのアクセス時にDNS参照せずここで設定したやつを優先してくれます。これで、中からも外からも「www.rarul.com」でアクセスできるようになりますよ。

一部ルータ、噂ではYAMAHAあたりのらしいけど、そいつはLAN側からWAN側に割り当てられたIPアドレスでアクセスすると、あたかも外からアクセスがあったのと同じようにルーティング処理をするようで、こういう機能を持っているなら、先のような場合でも問題ありません。

このブログ記事について

このページは、らるるが2004年10月19日 02:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なつゲー定額開始」です。

次のブログ記事は「Apacheがmmap_handler: mmap failedをはく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0