初TOEIC

本日第111回TOEIC公開テストがありました。めでたい回数目のテストということで受けることにしました。・・・・なわけないやろ、就活が不安で不安で夜も眠れないらるるんの熟睡をTOEICの高得点で助けようという魂胆なわけです。

まぁ前置きさておき、TOEICを受けるに当たって数週間くらいかけて英語のリスニング練習しといた方がいいかなぁとかとか思いながら夜な夜なBF1942やってたんですが、空母での飛行機待ちやスタグラの雪合戦に明け暮れてたら当日がきちゃいました(BF1942がわからない人すんません) あうあう、イヤな予感。。

受付は11時半〜12時20分実際の試験は13時からと、こういう試験にしてはめずらしく時間にはかなり余裕を見た段取りになってるんですね。まぁこうしなきゃ時間直前にならないと来ない人続出で大変になるという経緯があるんでしょうけど。試験が始まるまでの間、注意事項がかかれた冊子の裏面に印字されたサンプル問題に目を通す。そうですよ、サンプル問題すら目を通したことがないんですよ(を) あうあう、イヤな予感。。

問題数は200問、リスニングはほっといても問題を進めざるを得ないのでいいとして(ホントにいいのかは別の話)、リーディングの時間配分はミスっちゃこわいですな。計算すると1問あたりおよそ40秒が目安、あまり深く考える時間ないね。わからん問題はバッサリと無視して次々といく必要があるようで。注意しなきゃいけないね。そうですよ、今まで問題数すら確認したことがなかったんですよ。 あうあう、イヤな予感。。

てな感じで本番突中。・・・・何しゃべってんの?・・・・・英語しゃべってるんのは3人か・・・・・1人比較的聞きづらいな・・・・・また聞きづらいやつがしゃべっとるね・・・・・・リスニング長いよ・・・・・選択肢の英文を読む時間すらないて・・・・・さっきの問題がBにしたから次はCにしとこ・・・・・、お選択肢が減った、ラッキー・・・・・でリスニング終了。_| ̄|○ ま、まぁ大丈夫だ、リーディングで取り戻せばいい。

・・・・・大学受験時を思い出すなぁ・・・・・語彙力・構文・品詞とか傾向がバラバラだなぁ・・・・・Aは引っかけっぽい選択肢だから選ばんとこ・・・・・半分終わって時間配分は大丈夫かな・・・・・おいおい次から長文かよ、時間が・・・・・残り10分だ・・・・・残り5分だ適当にマークを・・・・・終了。_| ̄|○ ま、まぁ大丈夫だ、TOEICが人生のすべてでない!

かくして、1ヶ月後の結果通知が(別の意味で)楽しみだ。

このブログ記事について

このページは、らるるが2004年11月29日 01:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年賀状ソフトを使ってみよう」です。

次のブログ記事は「BF1942 v1.61パッチ登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0