winampを目覚ましに使う方法

winamp.exeをMP3ファイルやm3uファイルを引数にして起動することで、起動と同時に指定したファイルを実行してくれる。でも以前の起動状態のプレイリストで再生してほしい場合はどうするの?とりあえず、以前の起動状態のプレイリストを直接し引数に指定して逃げる。
"C:\Program Files (x86)\Winamp\winamp.exe" "C:\Users\rarul\AppData\Roaming\Winamp\Winamp.m3u"
でも、プレイリストのラスト位置がクリアされて、プレイリストの一番上から再生されてしまう。うーん、どうしたものか。

"/KILL"をつけてwinamp.exeを動かすと、Winampを終了してくれるみたい。
他は、cmd.exe上で "winamp.exe /?" とかするといろいろオプションが出てくる。

あとは、これを適当なVBSにしてタスクスケジューラに登録すればOK。ちゃんとスタンバイから自動復帰してくれるかどうかが心配。
alarm.txt参考にどうぞ。

実験の続きはまた明日。

このブログ記事について

このページは、らるるが2011年11月28日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成23年度特別試験エンベデッドシステムスペシャリスト」です。

次のブログ記事は「winampを目覚ましに使う方法(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0