スーパーライデン「NR523W」買った

目覚まし時計のスーパーライデンシリーズのNR523Wを買った。系統としてはNR521の後継のようで、より大音量にパワーアップしたという触れ込みらしい。目覚まし時計でデジタル表示で24時間表記で大音量でスヌーズ対応で電波補正に対応、となるとこれくらいしか選択肢が残らなかったので購入した。

見た目でわかる通り、大音量をたたき出すための大型のベルを搭載となっている。5000円未満の目覚まし時計は、コストダウンのためか、多くがベル音にスピーカ+PCM音のような構成を採用していることが多い。人によるんだろうけど、この電子音が人によってはそれほど耳障りにならず、あんまり目覚まし時計の音としてふさわしくない用に思える。なので、昔ながらのベルをたたく構成で音を鳴らすタイプがよい。一応ベル音は上にあるスイッチで3段階に大きさを調整できる。今のところは"MIN"で目が覚めなかったことはない。

あと24時間表示、これ大事。これも人によるんだろうけど、ぱっと時計を見た時に夜か昼かわからないこともあるので24時間表示必須。あと、よくアラームを止めずに(スヌーズに戦い勝って)家を出かけちゃうことがあり、このとき12時間後の家にいない時にアラームが鳴ると近所迷惑+電池の無駄遣いになっちゃうので、24時間(+アラームも)対応必須。

あと電波時計、これも大事。これがないと正確な時間がわからず、ごにょごにょするような場面で困る。

あとスヌーズ、これ超重要。20分以上(5分間隔として4回以上)スヌーズが戦ってくれないと6度寝する相手に負けちゃう。それくらい手強い相手にはただのスヌーズじゃダメなんですよ。時々スヌーズ対応とかいいつつ10分くらいしか粘らない時計もあるので、ちゃんと動いてくれるスヌーズは超重要。

あとは、カレンダーとか温度・湿度は、まぁあるに越したことはないってとこかな。欲を言うと、せっかくのカレンダーなのだからアラームを複数記憶できて曜日ごとに使い分けられるようになってるとさらによいんだけど、さすがに操作インタフェース的にこの価格帯におさめるのは苦しいかな。

とまぁ、こういうひどい生活を送ってるようなやつのためにあると言っても過言じゃないほどツボを押さえた目覚まし時計となってる。これは買ってよかった。まぁ人によるだろうけど。

ちなみに、「お仕事!GO!GO!」というPVつきの曲の「たまには遅刻して」(3分30秒付近)の画面で登場する時計は10時半を指してるんですが、世間的には10時半は遅刻なのでしょうか?(´・ω・`) それともこれは夜の10時半なのでしょうか?(´・ω・`)

【追記】 こんな時間にこんな記事を書いてるから遅刻すんだよ」というツッコミはなしでお願いします。。仕事のためにプライベートを犠牲にするのは間違っているハズ・・・

このブログ記事について

このページは、らるるが2010年5月10日 04:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「スケーラブルWebサイト」読んだ」です。

次のブログ記事は「「王様の抱き枕」買ってみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.5.0